JENNIE日常

オーストラリアカフェを10倍楽しめる!攻略法

こんにちはジェニです。

 

オーストラリアはカフェ大国

どのカフェでも本格的なエスプレッスマシーンがあり、コーヒー片手に街を歩いている人は本当に多いです。

 

その証拠にマクドナルドでは必ずと言っていいほどマックカフェが併設。

そして、なんと世界のスターバックスでさえ撤退してしまうほどです。

 

また、コーヒーと一緒に朝ごはんをカフェでいただくのがオーストラリアの人たちは大好きです。

 

今回はそんなオーストラリアのカフェの特徴をご紹介。

これを読めばオーストラリアのカフェを10倍楽しめること間違いなしです〜!

 

 

 

コーヒーの名前を覚えよう!

 

オーストラリアのコーヒーの名称は日本と比べると独特。

 

日本にはない独自のコーヒーもありますので最初は戸惑います。

 

・long black (ロングブラック)

日本でいうアメリカンです。

(厳密にはアメリカンはエスプレッソにお湯を注ぐのですが、ロングブラックはお湯を入れてからエスプレッソだそう何が違うのでしょうか

なのでブラックコーヒーを飲みたいのであればロングブラックが一番近いです。

 

・flat white(フラットホワイト)

ラテと似ていますが、ラテよりもミルクの分量が少なく

エスプレッソの味もしっかりと感じられるのが特徴。

オーストラリア・ニュージーランドではどこのカフェでも飲むことができます。

 

・ice coffee(アイスコーヒー)

オーストラリアでアイスコーヒーを頼むと

アイスクリームの乗ったコーヒーが出てきます。要注意!

 

・latte(ラテ)

カフェラテと言わずにラテだけでいいです。

シロップや砂糖は基本的についてきません。

必要なら1シロップ/シュガー プリーズといえば入れてくれます。

後からいうとめんどくさいらしいので注文の時に言ってあげましょう。

 

・hot/ice chocolate(ホット/アイスチョコレート)

ココアはオーストラリアのカフェではあまり見ません。

アイスチョコレートであれば上にバニラアイスが乗っていたりします。

 

 

オーストラリアのカフェはかなりマニアックな要望にも答えてくれるので

こだわりがある方はバリスタに相談してみるといいですよ。

 

また、ホット系はどこのカフェでも価格に差はないのですが

アイスになると、アイスラテ$7などたまに馬鹿高い価格のことがあります。

注意してください。

 

 

 

オーストラリアカフェあるあるを知っておこう!

日本のカフェとは違うところがいっぱいなオーストラリアカフェ!

 

知っておくことでもっとオーストラリアのカフェを楽しめますよ〜

 

 

・お持ち帰りはTake Away(テイクアウェイ)

日本ではテイクアウトといいますが、オーストラリアではテイクアウェイと言います。

To Go という言い回しもオーストラリアでは使いません。

 

 

・注文場所と会計のタイミングがカフェによって違う

先に注文し会計を済ますお店と、席についてから注文し帰るときにお会計のお店があります。

 

先に注文するタイプだと番号札を渡されることがあるので、

もしお店に入って番号札を立てて待っているテーブルが見えたのなら

先に注文タイプのお店で間違い無いでしょう。

 

 

・伝票がない

オーストラリアの飲食店は基本的に手書きでオーダーをとり、

レジにある機械に直接打ち込むというスタイルです。(店員さん大変そう)

 

その関係だと思いますが、全部オーダーしたものが揃っても

伝票をテーブルに置いてくれることはありません。

 

会計のときは店員さんにどこの席か聞かれるか、

注文したのものを確認されます。(店員さん大変そう)

 

オーストラリアでは席で会計をしてもらうことはないので

わざわざ伝票をもらわなくても大丈夫です。

 

カフェで使える英語フレーズを覚えよう!

 

オーストラリアの店員さんはとってもフレンドリー!

怖がることはありません。

実際にカフェで注文する際の流れと定番フレーズをご紹介。

 

ポケット英語レストランサービス英語 [ English OK株式会社 ]

 

 

1.入店

店員「Hi! How are you??」

→え?友達?みたいなノリで挨拶されます。

「Good,thanks」と深く考えずに返しましょう

「How are you?」と聞き返すのも定番。

 

店内で過ごしたい場合は

「Teable for 1」などと人数をすぐに伝えると良いでしょう

 

2.注文

店員「What can I get for you?」

あなた「Can I get flat white?」

→下線部を変えて注文してみましょう。

 

店員「Anything else?」

→他に注文があるか聞かれます。

なければ「That’s all, thanks」と答えましょう。

 

店員「have here or takeaway?」

→席での注文以外なら店内かお持ち帰りか聞かれます。

「take away ,please」などとプリーズをつけて答えましょう。

 

店員「Can I get your name?」「What is your name?」

→名前を聞かれますがナンパではありません。

お持ち帰りなどはできあがったら名前を呼ばれるのでそのときの名前を伝えます。

日本語の名前は難しいので適当な英語の名前でもいいし、

短くMJとかAKなどのイニシャルでも構いません。

 

3.お会計

店員「$4 please」

→会計時に日本ではポイントカードとかいろいろ聞かれますが

オーストラリアはシンプルに値段だけ伝えられます。

カードが利用できるお店がほとんどですが、Amex(アメリカンエクスプレス)は使えないという店を結構見ます。

高額でなければ暗証番号の入力やサインは必要なく、かざすだけで支払いが完了します。

 

慣れてしまえば、どこのお店も同じようなフレーズなので簡単です。

会計したとき、コーヒーを受け取る時、お店を出るときなどに

一言 「Thank you!」と言ってみるようにすると更にいいですね。

 

 

 

オーストラリアのエコカップが可愛い!

日本でも自分のタンブラーなどを持参すると割引が受けられますが

オーストラリアでもそんな割引をしているカフェはたくさんあります。

 

オーストラリアでよく見るのはこういうカップ!

 

日本ではあまり見かけないデザインですよね。

カラフルな配色が特徴で、持つ部分がシリコン素材になっており滑りにくいです。

オーストラリアではこのエコカップを片手に歩いている人を本当によく見かけます。

 

現地で使うのはもちろん、おみやげにしてもいいですね。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

オーストラリアは、カフェに行かないのは本当に勿体無い!と思うほどコーヒーの美味しい国です。

 

是非、参考にしてオーストラリアカフェを楽しんでみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
JENNIE
1994年生まれ。韓国ソウル在住、日本人。 海外行ったら価値観変わるとかいう人嫌いだったのに、海外行って価値観かわりました。 フリーでライターとして活動しながら、カフェをひたすら巡って精神を安定させてます。