JENNIE日常

コーヒー界のApple!?ブルーボトルコーヒーを徹底解剖

こんにちはジェニです。

 

みなさん、ブルーボトルコーヒーをご存知でしょうか。

 

2015年に日本初進出し、

なんとコーヒー界のAppleとも言われているコーヒーショップなんです!

 

今回はそんなブルーボトルコーヒーのベールを明かし、徹底解剖していきます。

 

 

創業者がなんだか気になる

ブルーボトルコーヒーは2002年にアメリカで誕生しました。

 

正直いってそこまで歴史あるコーヒーショップとは言えません。

 

創業者はジェームス・フリーマン氏。

この創業者がなんだか面白いんですよ。

 

ジェームス・フリーマン氏、実は元クラリネット奏者。

音楽の道を諦めた彼はもう一つ音楽と同じくらい情熱を注いでいたコーヒーを極めることにするのです。

 

というわけで、

自宅のガレージでコーヒーショップを始めます。

 

という、

なんだか急な展開と謎の経歴(笑)

 

 

そして彼の注目ポイントはもう一つ。

 

それは日本の喫茶店をえらく気に入っているということ!

 

日本にいくつかお気に入りの喫茶店があり、

日本にブルーボトルコーヒーを進出させることは夢だったと語っています。

 

ブルーボトルコーヒーは実際に2015年に東京・清澄白河にオープン。

それから続々と東京を中心に店舗を増やし、関西では京都と神戸に進出しています。

 

現在ブルーボトルコーヒーはアメリカ、日本、韓国に店舗がありますが

世界進出の最初の国に選んだのも日本、店舗数を見てもアメリカに次ぎ日本が多いことから

やはり創業者の日本への思い入れが大きいことが分かります。

 

 

 

ブルーボトルコーヒーの特徴

では、ブルーボトルコーヒーは他のコーヒーショップと何が違うのか。

特徴を上げていきましょう。

 

 

<特徴その1>非効率主義 

普通、効率よくお店を経営するのが当たり前。

ですが、ブルーボトルコーヒーでは“効率が悪くても丁寧に”をモットーにしています。

 

コーヒーとはもっと心を込めて作るものだと創業者ジェームス氏は考えており、じっくり時間をかけて最高の一杯を提供することにこだわっています。

 

なのでオーダーの際には、

「出来上がりに5分ほどお時間をいただいております」と店員さんがおっしゃっていました。

 

 

 

<特徴その2>豆へのこだわり

ブルーボトルコーヒーではなんと焙煎後48時間以内の豆しか使用しないそう。

コーヒー豆を店頭またはオンラインで買うことができ、その際にも48時間以内に焙煎した豆が販売されています。

 

豆も日によりラインナップが違い、一つ一つ丁寧な説明がついたメニューをみることが可能。

 

ブレンドコーヒー豆 ベラ・ドノヴァン|コーヒー豆 珈琲豆 ブレンド ドリップ コーヒー 自社焙煎 スペシャリティ ブルーボトルコーヒー BlueBottleCoffee ブラック ホットコーヒー 焙煎 定番

 

【送料無料】お試しブレンドセレクション|ブルーボトルコーヒー コーヒー豆 珈琲豆 コーヒー 珈琲 お試しセット お試しブレンドコーヒー 自社焙煎 ドリップコーヒー 詰め合わせ スペシャリティ ブラック ホットコーヒー アイスコーヒー

 

<特徴その3>シンプルな空間

ロゴもシンプルですが、店内もシンプルでスタイリッシュ。

一切の無駄のなさがロゴのブルーを引き立てます。

 

打ちっ放しのコンクリートは、ガレージで始めたコーヒーショップということをなんとなく意味しているようなそうでないような。(多分意味しているはず)

 

“感性ファースト”という他のものに気が散らずコーヒーを楽しめる空間になっています。

 

 

 

ブルーボトルコーヒーのメニュー

メニューもシンプル!

生クリームを使ったスイーツのようなドリンクはなく、あくまでもコーヒーが主役のラインナップです。

 

エスプレッソ系は上記の写真の下側に行くほどミルクを多く使ったコーヒーになっています。

 

フードはクッキーやワッフル、マフィンなどのコーヒーと合う焼き菓子のみ。

 

 

まとめ

ジェームス氏も自分で言っていますが、

彼の「職人気質」がこのブルーボトルコーヒーの人気の秘訣だと思います。

 

職人のような頑固さがコーヒーへのこだわりとなり、

そのこだわりがブルーボトルコーヒーの発展へとつながっています。

 

コーヒー好きはもちろん、そうでない人も優雅な時間を過ごせるコーヒーショップです。

 

ジェニ

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
JENNIE
1994年生まれ。韓国ソウル在住、日本人。 海外行ったら価値観変わるとかいう人嫌いだったのに、海外行って価値観かわりました。 フリーでライターとして活動しながら、カフェをひたすら巡って精神を安定させてます。