韓国語

【韓国語】ハングル検定とTOPIKってどう違うの?2大韓国語試験を徹底比較!

 

こんにちは、ジェニです。

 

韓国語の勉強を進めていくうえで、自分のレベルを知るために試験にチャレンジしてみる機会が欲しくなりますよね。

今回は2大韓国語試験ハングル検定TOPIKの違いご紹介!

 

韓国語を勉強されている人は必見です。

 

ハングル検定

ハングル検定の正式名称はハングル能力検定試験です。

ハングル検定の最大の特徴は日本でのみ実施されている試験であるということ。

つまり、ハングル検定の結果を活かせるのは主に日本ということになります。

 

また、5・4級は比較的やさしくて初級の方もチャレンジしやすいです。

反対に上級レベル(準2級以上)はかなり難しく、1級合格で通訳案内士の筆記試験が免除されます。

 

英語の試験でいう、英検だと考えてよいでしょう。

 

試験概要

  • 主催:日本
  • 資格の種類:民間資格
  • 試験日:年に2回(6月・11月)
  • 各級レベル:ハングル検定各級と合格ライン (5級、4級、3級、準2級、2級、1級)
  • 試験のスタイル:筆記・聞き取り(1級二次試験は面接)
  • 問題文:5級〜準2級は日本語、2級1級は韓国語

 

 

TOPIK

TOPIKは世界中で行われている韓国語試験。

韓国語能力試験(한국어능력시험)はTOPIKを指します。

 

TOPIKは試験が級ごとに受けるわけではなく、初級のⅠか中上級のIIの二つどちらかを選択します。

中級であっても上級の範囲を含んだ試験を受けなければなりません。

英語の試験でいう、TOEICだと考えてよいでしょう。

 

試験概要

  • 主催:韓国(世界70カ国以上で実施)
  • 資格の種類:公的資格
  • 試験日:年に3回(4月・7月・10月)
  • 各級レベル:TOPIK各級と合格ライン (TOPIK I・初級、TOPIK II・中級上級)
  • 試験のスタイル:TOPIK Iは聞き取り・読解、TOPIKⅡは聞き取り・書き取り・読解(2023年から面接が導入される予定)
  • 問題文:韓国語

 

 

「ハングル検定とTOPIKどちらを受けるべき?」

日本国内で韓国語のレベルの証明が必要な場合、または日本国内で通訳・翻訳などの仕事をしようと思っているのであればハングル検定を受けるべきといえます。

韓国やその他日本以外で、韓国語のレベルの証明が必要であればTOPIKですね。

 

難易度はどちらが簡単どちらが難しいとは一概に言えませんが、

問題文が日本語であることから、初級で受験するのであればハングル検定をまず受けてみると良いでしょう。

 

ハングル検定がおすすめな人 

  • 自分の韓国語レベルを知りたい人
  • 通訳案内士の資格を取りたい人
  • 通訳・翻訳の仕事を目指す人
  • 韓国語初級の人

 

ハン検過去問題集5級(2019年版) 「ハングル」能力検定試験 CDつき [ ハングル能力検定協会 ]

価格:1,728円
(2019/5/17 10:28時点)

 

ハングル能力検定試験4級完全対策 音声ダウンロードもできる!MP3 CD-ROM付き [ 林京愛 ]

価格:2,160円
(2019/5/17 10:30時点)

TOPIKがおすすめな人

  • 韓国の大学へ進学希望の人
  • 韓国の企業へ就職希望の人
  • 日本以外の国で自分の韓国語レベル証明するものがほしい人
  • 韓国の永住権獲得を目指している人

 

韓国語能力試験TOPIK 3・4級中級単語1800 ([テキスト]) [ 河仁南 ]

価格:1,944円
(2019/5/17 10:32時点)

 

新・合格できる韓国語能力試験(TOPIK2) CD付 [ 全ウン ]

価格:2,376円
(2019/5/17 10:33時点)

 

まとめ

自分のレベルがどれくらいか知ること、何が苦手なのか知ることは

韓国語を伸ばしていく上でとても大切。

また、試験があると明確な目標ができて勉強のモチベーションアップになります。

 

自分が受けてみたいと思った試験にチャレンジしてみましょう。

 

ジェニ

 

 

 

 

ABOUT ME
JENNIE
1994年生まれ。韓国ソウル在住、日本人。 海外行ったら価値観変わるとかいう人嫌いだったのに、海外行って価値観かわりました。 フリーでライターとして活動しながら、カフェをひたすら巡って精神を安定させてます。