英語

勉強のやる気を上げる3つの方法

 

こんにちは、ジェニです。

 

現在、英語と韓国語の勉強をしている私ですが

やっぱり勉強に取り組むまでにやる気が起きなくて

一生寝ていたいと思う日もありますし、

勉強し始めてもイマイチ気分が乗らず

別のことをし始めてしまい結局勉強がはかどらなかったという日も。

 

あるあるですよね。

 

今日は「そんな勉強のやる気を引き出す3つの方法」をご紹介します!

 

1.インスタグラムで♯勉強垢を見る

 

今、社会現象を起こしているSNS、インスタグラム。

 

おしゃれな写真を投稿し、自身のリアル充実度をそれとなく自慢するツールですが、

勉強アカウント(通称・勉強垢)というものも存在し人気があります。

 

 

勉強垢は学習している写真(主に自分が書いたノートや机など)と共に

勉強の記録や感想も一緒に投稿する専用アカウント。

 

 

語学学習者だけでなく、様々な資格、受験、学校の勉強など多岐に渡り

見ているだけで「他の人もこんな風に頑張っているから自分も頑張ろう」と思えます。

 

 

私は社会人であり、大人になってからしばらく経つので、

♯社会人の勉強垢

♯大人の勉強垢

あたりをよく見ます。

 

忙しい育児の合間を縫って勉強されているママさんや、

出勤前に勉強されている方のアカウントを見て刺激をもらいますね。

 

同じように独学で英語や韓国語を学んでいるアカウントを見て、

この勉強法いいなと思ったら盗んだり 取り入れたりもできるのでオススメです。

 

 

ハッシュタグを検索してモチベーションを上げるのもいいですし、

 

インスタグラムではハッシュタグもフォローできるのでしておくと、

無意識にインスタグラムを開いた時に

“おいおい自分は何をやっているんだ早く勉強せい” と思わせてくれます。

2.きっかけを散りばめる

人間はとりかかるまでにエネルギーを必要とします。

 

バイトに行くまではダルいけれど、

いざ行ってしまったらなんてことない。

 

そんな感じ。

 

勉強にとりかかるハードルをできるだけ低くしてしまうことは非常に大事です。

 

例えば今から1時間勉強すると考えるよりも、

とりあえず5分の方がハードルは低いわけですから

まず5分だけ勉強するのを目標に取り掛かってみるのも良い方法。

 

他にもベッドの近くに洋書を置いて勉強を始めるきっかけを作ったり、

リビングにもテキストを置いおくことで勉強へのエンジンをかけることも。

 

これらは勉強のやる気を引き出すきっかけにも使えます。

 

やる気が出なくて、ベッドにごろん

 

そこから机に戻るのはエネルギーを使いますが

まずはベッドの近くに置いてある洋書に手を伸ばすのはハードルが低いです。

 

やる気の火を灯しやすくしましょう。

 

 

3.場所を変える

集中力が切れてしまうのは環境が大きな原因となっていることが多いです。

 

まずは掃除

と言いたいところですが、掃除をするよりも場所を変える方が手っ取り早いです。

 

カフェ、図書館、自習室など

普段は絶対、家派だという人も場所を変えることで

気持ちが変わりやる気が出てくることも。

 

移動が休憩がわりにもなり、考えの整理もできます。

 

スタバでしたら、One More Coffeeといってドリップコーヒーを150円でおかわりできる

サービスがあるのでそういうものを利用することで

お得に場所を変えつつ勉強することも可能。

 

以上、3つがジェニ流勉強のやる気を上げる方法です。

 

語学勉強以外でも取り入られる方法もあると思うので

是非やってみてください♪

 

 

ジェニ

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
JENNIE
1994年生まれ。韓国ソウル在住、日本人。 海外行ったら価値観変わるとかいう人嫌いだったのに、海外行って価値観かわりました。 フリーでライターとして活動しながら、カフェをひたすら巡って精神を安定させてます。