JENNIE日常

【海外生活】海外で働くのに必要なものって何?私が、オーストラリアワーホリ中にした仕事を振り返る。

こんにちはジェニ(@_jennie_log)です。

現在、韓国在住のわたし。1年前まではオーストラリア・シドニーにワーホリビザを利用して滞在していました。

オーストラリアでは学校には通わず、ずっと働いていたんですが…そりゃもう波乱万丈!

そこで今回はオーストラリア滞在中にした仕事を振り返ってみたいと思います。

 

最後のほうには、海外で働くときの心得みたいなのもまとめているので、

オーストラリアや韓国に限らず海外で働くことに興味のある方は是非最後まで読んでいただけると嬉しいです。

プロローグ

参考までに、渡豪直後の私の経歴とスペックをまとめておきます。

・専門学校中退

・日本でフリーター2年(飲食店のホールでアルバイト)

・英語はまったくムリ

・韓国語はTOPIK2級程度(簡単な言葉なら意思疎通が図れる)

ジェニって結局のところ何者なんだ?という話。こんにちはジェニです。 ブログを開設してから数ヶ月が経ち、徐々にブログを訪問してくださる方、私のSNSをフォローしてくださる方が増えて...

こんな状態ですから「とりあえずどこでもいから働ければいい!」と思い、渡豪後すぐに仕事を探し始めました。

 

オーストラリアワーホリでの仕事その1・カフェ

初めての海外での仕事に大苦戦

日本人向けのサイトで見つけたシドニーのシティ(中心地)のカフェのアルバイト。

メールを送るとすぐに返信があり、インタビュー(面接)を受けることになりました。

そのカフェは中国人のご夫婦が経営している小さなお店。旦那さんが日本語ができたので、インタビューも日本語を交えて行いました。

なんだか優しそうだし、補助的なポジションだから仕事も難しくなさそうといった印象。

インタビュー後、メールが来てトライアルすることに。

 

が、しかし!

いざ働くとなーんにも教えてくれない!(笑)

その日は日本人のアルバイトがもう一人いたので、その子に聞いてなんとなく仕事したのですが…

完全に私は萎縮。

コワイ、ガイコク、コワイ。

幸いトライアル中だったので、辞退する意思を伝え(トライアルって店側が試すもんなんだけど)そのカフェはたった1日で終了しました。

でも、今思えば…

まあ、今思えば日本から来たばかりでわからなかったことが多すぎたなぁとも思います。

日本の飲食店のノリで汚れたお皿をサッとゆすいで食洗機を放り込んだら、

「めっちゃ汚いんだけど!」(そういうのは教えてくれる)って言われたのとかって

オーストラリアの食洗機の威力を知らなかったからで。

当時はなんだあの夫婦!って思ってムカつきましたが、今なら「まあしょうがないか」とちょっと思えます。

 

オーストラリアワーホリでの仕事その2・ジャパレス

やっと本格的に仕事スタートかと思いきや…

その次に働いたのがジャパニーズレストラン。これまたシティにあるお店で、日本人向けのサイトで見つけました。

キッチン希望だったのに、ホールとして採用されて「?」となったものの、いち早く働きたかった私はそのまま働くことに。

レストランといってもかなり小さなお店。働いている人は9割日本人で、スタッフ同士は日本語でコミュニケーションをとっていました。

英語がまったくできなかった私ですが、メニューは写真と番号付き。お客さんもアジア人多めでお互い簡単な英語でOKって感じでした。

なので、ホールとはいえほとんど言語で困ることはなかったです。

 

が、しかし!(本日2回目)

このジャパレス、スタッフが最悪。

常に機嫌の悪いお姉さん(というかオバさん)がいて、その人が何かにつけ文句たらたら。

どれだけ一生懸命仕事しても文句言われるわけで、とにかくシンドイ!

しかも、このジャパレス時給めっちゃ安いのに仕事量が多すぎる!

スタッフの入れ替わりが激しいからか、ものすごく細かくルールが決まっていて、THE・日本の嫌〜なバイト先って感じでした。

仕事内容よりツラかったこと

ここでとにかくツラかったのは、同じ日本人同士なのに仲良くしようとしていないこと。

遠く離れた国で出会う日本人なのに、みんなツンツンしていて思いやりのカケラも感じられませんでした。

英語も全然できないし、新人だから気に触るようなことがあったかもしれませんが、そんな風にツンツンされるなんて思ってもみなかった私。

これがトラウマで、オーストラリアで出会う日本人がとても怖くなってしまいました。

このジャパレスはせめて3ヶ月は続けようと思っていましたが、出勤する際に電車を見て「轢かれてぇ」って思った瞬間に我に返り、ヤバイ辞めよう!と決意。

たった2週間でギブアップし辞めました。

 

オーストラリアワーホリでの仕事その3・ハウスキーピング

新たなジャンルの仕事にチャレンジ

ジャパレスを辞めた後も、コツコツといろんなバイトに応募してインタビューへと出向く日々。

そんな中で、日本人経営のハウスキーピングのバイトを発見しました。

もともと日本でバイト先の掃除担当大臣を務めるほどの掃除大好き人間(自分の家を除く)だったので、すぐに連絡。

今まで飲食店でしか働いたことがなかったので、私にとって新たなチャレンジでした。そしてインタビューも受けて、すぐに働くことに。

このバイト先は今までの雰囲気とは打って変わって天国!

一緒に働くのは私以外、主婦の方々(日本人)ですごく優しい人ばかり!

多分ここでハウスキーピングしなかったらオーストラリアにいる日本人恐怖症のままだった

さらに、この仕事が私にとって天職。

一般のお家に行って掃除するのですのが仕事なんですが、もくもくと掃除に集中していいなんて!!楽しすぎる!!!って初日から感動したのを覚えています。

 

このハウスキーピングのお仕事は時給も良く、本当に最高でした。

ただ仕事があるのが不定期だったため、ハウスキーピングのお仕事と並行して他のバイトもしなければならず、またバイト探しをすることに。

 

オーストラリアワーホリでの仕事その4・韓国料理屋さんのキッチンハンド

韓国の人たちと働く

「オーストラリアにいる日本人はコワイ」と思っていた私。もう重度のジャパレス恐怖症でした。

そもそも渡豪前から、せっかく韓国語が(ほんのちょっと)できるんだから、韓国料理屋さんにもトライしようと思ってたわけで。韓国料理屋さんの募集にも目を向けることにしました。

でも、これジャパレスとコリレス(なんて言いませんコリアンレストラン)の違い?なんでしょうか、コリアンレストランは店員さんみんな韓国人&お客さんも韓国人多めなんですよね。

韓国系のお店で働くには、韓国語レベルがあきらかに足りない!

ということで、半ば諦めていたんですが…

なんと日本語で書いてある韓国料理屋さんの求人をネットで発見!キッチンハンド(調理補助や皿洗い)の募集でした。

すぐに連絡!料理長が日本語ペラペラの方でインタビュー後、採用してもらい働くことに。

 

ホールの経験しかなく、キッチンハンドとはいえキッチンでの仕事に不安しかなかったのですが、ここの人たち(韓国人)みんな超超やさしかったんです!!!

皿洗うだけでなんかめちゃくちゃ褒めてくれる。韓国語しゃべれるのすごーい!って褒めてくれる。

というかもう、甘やかされてるんじゃないかレベル(笑)

日本人スタッフが私以外にもう一人いたんですが、その人も超いい人で。

ここに来てやっとホッとしたというか、何もできない自分から解放された気がしました。

まさか!突然すぎる終わり

キッチンハンドとして採用されたけど、ゆくゆくは料理もできるように頑張ろう!

そう心に決めたんですが…

なんと、働き始めて1ヶ月も経たずしてその店が閉店することに。

「来週でこの店終わるんだよ〜」って言われます。日本じゃありえない

 

オーストラリアワーホリでの仕事その5・韓国料理屋さんキッチン

新たなスタートかと思いきや…超過酷労働するハメに。

せっかく見つけた仕事と居場所がなくなることになり、また振り出しに。

お店側もこんなに突然閉まるのはスタッフも困るだろうということで、その店の後にオープンするお店に話を持ちかけてくれ雇ってもらうことになりました。

とはいえ、日本語なんて誰もワカラナイ。

キッチンハンドではなくキッチンとしての採用。THIS IS 不安!

 

さっそくすぐにオープニングスタッフとして働くため、別の店舗で研修を行いました。

そして、お店も準備も整いさあオープン!となった前日…

私はキッチンのスタッフが私を含め2人しかいないことを知ります。

しかも、もう一人はパート!

は?

店長がキッチンとホールをして店を回したのですが、オープンの午前11時から閉店の午前1時半まで働き、休みはなし。

これが約1ヶ月続きました。

精神が崩壊しかける

この状況には体よりも精神が悲鳴をあげました。

サムゲタン煮込んでたら泣けてくるんです(笑)なんてことないサムゲタンなのに。

サムゲタン見て突然オイオイ泣く成人女子。怖すぎ。

この状況を見て(かどうかは分からないけど)キッチンのスタッフを何人か雇うことになり、私はこの超過酷労働から解放。オープンから1ヶ月がすぎて、ようやく休みのある生活になりました。

このお店はオープンスタッフだったので、長く働くにつれて自分の思うように働けたこと、家から近かったこともあり、結局帰国前までここで働きました。

 

エピローグ

海外で働くときに必要なもの

他にも細々した仕事は、単発でしましたが挙げるとキリがないので省略させていただきました。

ざっくりはこんな感じで、一番長かったのが最後の韓国料理屋さんです。

海外に限らず日本でもそうですが、いい仕事先に巡り会えるかどうかは「運」によると思います。ましてや、一緒に働く人が優しいかどうかなんて実際に働いてみないとわからないですしね。

一方、海外(オーストラリア)と日本で違うなと感じたのは、経験や能力を求められることです。

即戦力になるかどうか、お店や会社にどう貢献してくれるかが重視されます。

日本だとたくさん働ける、もしくは忙しい時に働きに来てくれる人が重宝します。しかしオーストラリアではそれに加え、教える手間が省けるかどうかをみられているような気がしました。

海外で働くための3つの心得

私がこのように“英語ができなくても働けるシドニー”なのに仕事探しが難航した原因は、

  • やりたい仕事を考えておかなかった
  • 経験やスキルが何もなかった 
  • 日本のバイトの感覚で働いた

この3つが大きな原因だと思います。

特に1つ目の“やりたい仕事を考えておかなかった”ですが、渡豪前に「こんな仕事をしたい!」と考えておけば、もっと落ち着いて仕事を探せたはずです。

もし、これからワーホリで海外で働くよっていう方がいたら、この3つをしないように心がけておくと良いかと思います。

 

最後に…

まぁなんだかんだありましたが、振り返ってみると全部ネタみたいなもんですし、良い経験です。

そして、そこで出会った人たちも日本では会うことのないような人ばかりだったので、またその話も記事にできたらなと思います。

ジェニ

【海外生活】日本人なら日本のこと何でも知ってると思われる件。こんにちは、ジェニです。 日本を飛び出して海外で生活していると、日本のことは日本人に聞け!なんでも知ってるぞ!と思われさまざまな質問を...

 

ABOUT ME
JENNIE
1994年生まれ。韓国ソウル在住、日本人。 海外行ったら価値観変わるとかいう人嫌いだったのに、海外行って価値観かわりました。 フリーでライターとして活動しながら、カフェをひたすら巡って精神を安定させてます。