韓国生活

「82年生まれ、キム・ジヨン」が話題!韓国の“フェミニズム”リアルな現実。

「82年生まれ、キム・ジヨン」が話題!韓国の“フェミニズム”リアルな現実。

こんにちはジェニ(@_jennie_log)です!

「82年生まれ、キム・ジヨン」が日本でも話題となり、

なんか韓国ってフェミニズムに熱くない??って感じている方も多いかと思います。

そこで今回は、韓国のフェミニズムを深掘り。

韓国に住む日本人が「韓国のフェミニズム」をいろんな角度から解説していきます。

 

なぜ韓国女性はフェミニズムで盛り上がるのか?

一方でなぜ韓国ではフェミニズムが大きな批判を受けているのか?

フェミニズムで盛り上がり、そして荒れる国・韓国を紐解いていきます。

ジェニ
ジェニ
フェミニズムって何それ?難しそう…という人にも分かりやすいようまとめてみました!気軽に読んでみてね〜❤︎

 

フェミニズムで盛り上がる国・韓国

書店に並ぶ「フェミニズム本」

私は現在、韓国・ソウルに住んでいるのですが、韓国では今さまざまな場所で“フェミニズムの波”を感じることができます。

その勢いを一番感じるのが書店。

韓国では冒頭でも述べた「82年生まれ、キム・ジヨン」を筆頭にさまざまなフェミニズム本が販売されています。

このフェミニズム本は、日本語に翻訳され販売されているものも多く

日本人が「韓国ってフェミニズムに熱くない?」と感じるきっかけにもなっています。

 

ガールズクラッシュが支持されるK-POPアイドル

フェミニズムの波はK-POPアイドルにも。

セクシー系や可愛い系と、アイドルは時代によって支持されるコンセプトが異なりますが、

今はまさにガールズクラッシュの時代です。

その代表格ともいえるのが、MAMAMOO(ママム)

女の子が思わず「かっこいい!」といってしまうような、自信に満ち溢れた姿が多くの人から支持されています。

また、日本でも人気のTWICEも「Feel special」では今までよりガールズクラッシュなコンセプトを展開。

キュートな女の子たちといった印象から、女性が憧れる女性へイメージチェンジしました。

ガールズクラッシュなアイドルが支持されるのは、韓国でフェミニズム思想が高まり「自立したかっこいい女性」に憧れる人が増えたのが大きな要因でしょう。

現地・韓国のリアルに流行っているメイクって?今までの韓国メイクと比較しながら解説する。こんにちは、ジェニ(@_jennie_log)です! 今回は2019年・リアルに現地韓国で流行っているメイクをご紹介! 数年前の韓国...

 

フェミニズムが韓国で注目されるようになったきっかけ

このようにフェミニズムに盛り上がる韓国。

一体何故こんなに盛り上がっているのでしょうか?

実は、そのきっかけとなったある出来事がありました。

そもそも「フェミニズム」とは…?

とその前に、

フェミニズムについて改めておさらいしたいと思います。

フェミニズムとは?の回答をウィキペディアさんの説明から引用するとこんな感じ↓

フェミニズム: feminism)とは、女性解放思想、およびこの思想に基づく社会運動の総称であり、政治制度、文化慣習、社会動向などのもとに生じる性別による格差を明るみにし、性差別に影響されず万人が平等な権利を行使できる社会の実現を目的とする思想・運動である。女権拡張主義、男女同権主義などと訳されることもある。

ちょっと難しく書いてありますが、

かなり平たく言えば「性別に問われず1人の人間として生きよう!」という思想のこと。

「性別によって格差を付けられたり、弱い立場にさせられるのは変だよね??」

という、今までの社会の見直し運動とも言えます。

「フェミニズム」のきっかけとなった韓国のある事件

世界でこのフェミニズムが盛り上がり始めたのは2017年の#MeToo運動あたりから。

ハリウッドプロデューサーのセクハラ告発をきっかけにSNSから世界へとその運動は広がっていきました。

日本でもフェミニズムというワードをよく聞くようになったのはこの頃からですよね。

 

一方韓国ではその#MeTooの一年前、2016年にとある事件がありました。

それは、江南通り魔殺人事件

江南駅の男女共用トイレで女性が入ってくるのを待ち伏せ、面識のない23歳の女性を殺害したという事件です。

犯人の男は、普段女性に無視されていたことを根に持ち犯行に及んだとされ、女性を殺すことだけが目的だったといいます。

「女性だから殺された、男だから生き残った」などの言葉が書かれたポストイットが江南駅に貼られ、犠牲女性への多くの献花が置かれた。

http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0924101919&code=13150000&sid1=i

この事件は社会的にも大きな注目を浴び、そこから性差別や女性の権利について意識する人が増え始めました。

そしてこの一年後の#MeToo運動で、フェミニズムへの関心がさらに加速。

韓国でフェミニズムに本格的な火がついたのです。

ジェニ
ジェニ
「82年生まれ、キム・ジヨン」が販売されたのも2016年。いろんな方面からの影響があって韓国女性はフェミニズムに関心を持つようになったんですね

 

盛り上がるほどフェミニズムで荒れる韓国。

アンチ・フェミニズム?

「82年生まれ、キム・ジヨン」は昨年秋に映画化。

本だけでなく映画も大ヒットとなりました。

しかし、この映画の公開直後、低い不当なレビューがネットではたくさん書き込まれるという出来事も。

この「酷評テロ」の多くは実際に映画を見ていないとわかるものもあり、明らかにフェミニズムへの反発でした。

この出来事だけみると、「まだまだ韓国は女性が権利を得られない国なのか…」と思ってしまいがちですが韓国のアンチ・フェミニズムにはさまざまな背景があるのです。

韓国男性が抱くフェミニズムへの疑問

女性たちが声を上げているフェミニズムに疑問を抱く人の多くは男性。

それは「男性のほうが優位だ!偉いんだぞ!」というものではなく、

「いやいや、男も差別され苦労を強いられてきた」という意見からくるものです。

 

例えば、軍隊。

韓国の男性は、20歳を過ぎると特別な免除がない限り必ず軍隊に行かなければなりません。

徴兵で費やす約2年。その間は勉強も、遊びも、自由にできず外部と遮断されます。

20代という若く希望に溢れた時代の約2年を軍隊で過ごすのです。

他にも壮絶な就職競争、お酒の強制など、多くの苦労を韓国の男性は「男性だから」という理由だけで強いられてきました。

 

性別で男性が優遇されるどころか、むしろ男性であるがゆえに苦労が多い(と感じる)のに

何故フェミニズムばかりが叫ばれるのか?

フェミニズムという思想は、男性を「弱い立場である女性をいじめる悪者」に仕立てているのではないか?

そのように疑問を抱く韓国男性が増えているのです。

過激なフェミニストの登場

もちろんフェミニズムに疑問や嫌悪感を抱いているのは男性だけでなく女性もいます。

その理由の一つに、過激なフェミニストの存在があります。

本来のフェミニズムとは逸れた発言をするフェミニストもいれば、自分たちの意見だけを押し通すようなフェミニスト団体も。

これらの一部の過激フェミニストたちが悪目立ちしてしまい、フェミニズムに対するイメージを落としてしまっているのです。

 

韓国とフェミニズムが行き着く先とは…

さまざまな背景の中で揺れ動く韓国のフェミニズム。

女性から見たフェミニズムと男性から見たフェミニズムに大きな差があるのですが、さらに「世代差」も大きいです。

「82年生まれ、キム・ジヨン」は80年代生まれの女性には共感を得られるかもしれませんが、

その上の世代なら、自分がジヨンと同じ歳の頃はもっと苦労したと感想を述べた人もいます。

逆に90年代生まれには、ジヨンのエピソードは時代遅れだと感じたという人も。

必ずしもキム・ジヨン=すべての韓国女性ではないのです。

 

ここ20~30年で時代が大きく変化してきた韓国。

フェミニズムに対して、世代間のズレが生まれるのは仕方がないことです。

それに加え、軍隊という国の義務もあり、フェミニズムに対して一筋縄ではいかないことが韓国には多いです。

私は、これからしばらくはフェミニズムが韓国の社会の渦になりそうな予感がしています。

 

フェミニズム=男性嫌悪にならず、

男性がアンチ・フェミニズムにならず、

どの世代も「今のフェミニズム」に向き合うために、

韓国のフェミニズムがどのような変化を遂げていくのか見守り、関心を寄せていきたいと思っています。

 

日本人と韓国のフェミニズム

ここまで読んでいただいた中には、

「いやお前は日本人でしょ、日本のフェミニズムに興味持つべきでは??」

と思った方もいらっしゃるかもしれません。

私は韓国のフェミニズムに興味津々!というよりかは、韓国の熱いフェミニズムパワーに圧倒されてしまった。という感じです。

「韓国ってフェミニズム盛り上がってるな…」と言うところから、気になり始めこの記事を書くまでに至ります。

韓国のフェミニズムの動きを見ていると、じゃあ日本ならどうだろう?日本だったらこうかな?と日本のフェミニズムについて考えることも自然と増えました。

いきなり「日本の女性の権利について考えろ!」とか言われてもピンとこないけど、他の国と比較したり、別の文化背景と見比べながら考えてみると案外スッと入ってくるものです。

よその国のことに関心を持ったり心配するのは、あながち無駄ではないですし、それなりのメリットがあるもんですよ。

 

韓国で人気のフェミニズム本です。この記事を読んで興味を持ったという方は是非、読んでみてください↓

私たちにはことばが必要だ 〜フェミニストは黙らない〜
created by Rinker

最近、韓国ではフェミニズムカフェというのもあるそうで!

私は行ったことがないのですが、気になる方は旅行中に訪れてみてもいいかもしれませんね。

映画から生まれた水原ワンカルビチキンって?食べてみた正直レビュー&レシピこんにちは、ジェニ(@_jennie_log)です。 みなさん、ワンカルビチキンってご存知ですか? 韓国の都市・水原(スウォン)の名...
ABOUT ME
JENNIE
1994年生まれ。韓国ソウル在住、日本人。 海外行ったら価値観変わるとかいう人嫌いだったのに、海外行って価値観かわりました。 フリーでライターとして活動しながら、カフェをひたすら巡って精神を安定させてます。