Language

【日本語?韓国語?】日韓カップル・夫婦の言語問題&「言葉の壁」を乗り越えるために気を付けたい3つのこと

こんにちは、ジェニ(@jennie_log)です!

日韓カップル・夫婦の一番大きな壁といえば、やはり「言葉」ではないでしょうか?

パートナーが日本語ペラペラで、2人の会話は日本語オンリー。
でも、これからのことを考えたらこのままでいいのか不安…やっぱり韓国語は勉強すべきなのかな??

日本人同士じゃないからか、どこかすれ違っているような気がする….
母国語が違うパートナーとうまく生活していくコツってあるのかな??
周りに日韓カップルがいないから、他のカップルはどうしているのか知りたい!

という人も多いはず。

そこで今回は、日韓カップル・夫婦の言語問題について深堀り!

そして「言葉の壁」を乗り越えていくために気を付けたい3つのことをご紹介していきます♪

大好きなパートナーと「言葉の壁」を乗り越えて、もっと関係を深めたい!仲良くなりたい!という人は必見ですよ。

ジェニ
ジェニ
日韓夫婦である韓国在住ライターが詳しく解説♪
「言葉の壁」に苦労してきた実体験をもとにお伝えします〜♡

日韓カップル・夫婦が使っている言語は4パターン

日韓カップル・夫婦が、どんな言語でコミュニケーションをとっているかは、

日本語
韓国語
英語(第3言語)
いくつかの言語をミックス

の4パターンに分かれると思います。

生活拠点が2人とも日本という場合は日本語、韓国であれば韓国語であることが多いかなという感じ!

大半はどちらかの言語オンリーで会話していますが、お子さんが生まれると子どものために両方の言語を使う、というパターンが多いようです。

また、韓国や日本以外の国で出会ったというカップル・夫婦は、第三言語(英語など)を使うことも。

日本人の留学・ワーホリ先として人気のオーストラリアやカナダは、韓国人にとっても人気の国です。

このような英語圏で出会い付き合うことになれば、英語がお互いの共通言語になるのも自然なことですね。

最初は、日本語や英語で会話していたという人も、付き合いが長くなるにつれ、韓国語を話せるようになりたいと思うことも。

そこから日本語と韓国語を混ぜて話すようになったり、英語と韓国語をミックスで話すようになったというカップルや夫婦もいます。

【韓国生活・韓国留学】びっくり⁉︎韓国では常識な『韓国あるある5選』こんにちはジェニ(@_jennie_log)です。 韓国に来て半年以上経ち、いろんな韓国の風景が私の日常の一部になりつつありますが、 ...

 

日韓カップル・夫婦の「言葉の壁」は“愛の力”で乗り越えられる?

上記のように使っている言語は、カップル・夫婦それぞれです。

とはいえ、母国語が違う者同士がパートナーになるということは、多かれ少なかれ不便や苦労があるもの。

付き合いが長くなれば長くなるほど「言葉の壁」に直面する機会が増えます。

この「言葉の壁」は正直なところ、相手のことが好き!という気持ちだけでは乗り越えられないと私は思っています。

言語が違うことで相手を誤解したり、誤解されたり、すれ違いが起こることも珍しくありません。

一つひとつは些細なことでも、その誤解やすれ違いが積もっていくと、徐々に2人のあいだに大きなズレが生じます。

なんとなくうまくやっていると思っていても、はっと気づいた時にはお互いに大きな溝ができていた…ということも起こりうるのです。

ジェニ
ジェニ
日本人同士でも誤解やすれ違いは起こるもの…
母国語が違う他人同士が一緒になるのはとても大変なことなんですㅠㅠ

また、どんなに外国語がペラペラでも、一番自分らしくいられるのはやっぱり母国語です。

単語力、語彙力だけでなく、細かなニュアンス、表現力までもを母国語以上にするのは、非常に困難なこと。

100%自分らしくいられないことで感じるストレスを、“愛の力”だけでなんとかしようとするのはすごく難しいことだと思います。

 

「言葉の壁」を乗り越えるために必要なものって?

相手が好きという気持ちで乗り越えられないなら、何で乗り越えればいいの?という話ですよね。

私は、「言葉の壁」を乗り越えるためには、ずばり根気努力の2つが必要だと考えています。

誤解やすれ違いが生じやすく、100%の自分でいられない環境の中で、相手を理解し自分を理解してもらうにはこの2つが欠かせないからです。

言葉が不十分だからといって、イライラしたり急かしたりするのはNG!

特に母国語が違うと、細かい部分が正確に伝わらないことが多々あります。

日本人同士で話すときの倍以上の時間をかけるつもりで、根気よくコミュニケーションをとりましょう。

そして、努力というのは、なにも「韓国語を勉強しろ!」ということではありません。

相手の気持ちを理解しようと努力すること
相手の文化を知ろうと努力すること

こういった努力をし続けることです。

日韓カップル・夫婦の中には、

「相手が日本語ペラペラなのに、私は韓国語ができなくて申し訳ない」という人や、

「韓国語で会話してるけれど、うまく伝えられなくて相手にもどかしい思いをさせている」という人も多いはず。

そんな時、「もっと韓国語を勉強しよう!」と思う気持ちももちろん大切ですが、こういった根気と努力にも目を向けてみることが大切なのです。

 

「言葉の壁」を乗り越えていくために気を付けたい3つのこと

「言葉の壁」を乗り越えるには、根気と努力だァァーーーー!となんだか熱く聞こえてしまいますが、生活の中で気をつけるべきことってそんなに難しいことはありません。

普段、私も気を付けてやっている3つのことをシェアします♪

①しっかり聞く、ていねいに話す

パートナーと話す時は、何かしながらではなく手を止めて聞くこと。

相手の表情、声のトーンからもしっかり「言葉」を聞きましょう。

そして話すときは、難しい言葉を使ったりテキトーに早口で話すのではなく、ていねいにていねいに話すように心がけます。

しっかり聞けば相手もていねいに話してくれるし、ていねいに話せば相手はしっかり聞いてくれるもの。

根気よくコミュニケーションを取るには、まずはここから始めてみましょう!

②相手に頼りすぎない

よくあるのが、韓国語に自信がないからといって韓国での生活のことをなんでもかんでも相手に頼ってしまったり、

韓国語を勉強しようとして、相手にあれやこれやと質問攻めにしてしまったり、ということ。

本当に必要なときは頼るべきですが、あまりに頼りしすぎると、

大好きなパートナーが、役立つお助けマン、無料の韓国語の先生になってしまいます。

これはパートナーにとって大きなストレスに…そして、自分自身の成長を妨げてしまいます。

まずは、一度「自分でできないだろうか?」と考えてみること。

そして勇気を持ってチャレンジ・努力してみることを大切にしましょう♡

③「言葉」に対する批判・ダメ出しをしないこと

外国語を勉強するというのは、ほんと〜に大変なこと。

勉強して、話して、間違えて、また勉強してを永遠繰り返さなければなりません。

今話しているパートナーの言葉は、いままでの努力の証なのです。

そんな努力の証に対して、批判やダメ出しされると相手はものすごく傷つきます。

「あなたの日本語はヘタ」「なにを言っているかわからない」なんていう心ない言葉は絶対言わないようにしましょう。

そして、もし相手があなたの韓国語(もしくは第三言語)に対して、批判やダメ出しをしてくるようなら、それがどんな気持ちにさせるか、相手にちゃんと伝えるべき!

伝えようと努力していることを踏みにじってはいけないのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、日韓カップル・夫婦の言語問題について深堀!

そして「言葉の壁」を乗り越えるために気を付けたい3つのことをご紹介しました♪

母国の違いは不便なことも多いですが、もちろん新しい文化や考え方を知れるという魅力もあります。

パートナーが韓国人であるという人は、是非参考にしてみてくださいね〜♡

語学勉強のスランプ脱出!乗り越えるための3つの対処法こんにちはジェニ(@_jennie_log)です。 語学勉強をしていると必ず訪れるのがスランプ。 上達が感じられなくなったり、むしろ...
【韓国語勉強法】独学でも大丈夫!日本にいてもできる韓国語アウトプット方法3選こんにちは、ジェニ(@_jennie_log)です。 韓国語の読み書きはできるけれど、実際に会話すると聞き取れない!言葉がでてこない!...
韓国語を独学するならYoutube を使うべし!おすすめ韓国語チャンネル5つを教える。こんにちは、ジェニ(@_jennie_log)です! みなさんの中には韓国語を独学で勉強してるって人も多いんじゃないんでしょうか?? ...
ABOUT ME
JENNIE
1994年生まれ。韓国ソウル在住、日本人。 海外行ったら価値観変わるとかいう人嫌いだったのに、海外行って価値観かわりました。 フリーでライターとして活動しながら、カフェをひたすら巡って精神を安定させてます。